普及啓発隊が行く ② 

普及啓発隊が行く ②


普及啓発隊です

今回は、初めての活動報告ということで、
6月の初旬に、二日に分けて行っていました、“宇城バリュー”さんでの研修についてお伝えしたいと思います

当日はまず、パンフレットをテーブルに置かせてもらい、
すると早く来られた方々からパンフレットを手に取られ、じっと読まれていて・・・なんだか、うれしい時間です

そして研修では、
当事者の方が困っていることを知ってもらいたくて・・・という気持ちで臨んでいき・・・

結果、話を聴いてくださったテナント店長さんたちの真剣さもあって、
15分(×4回)の研修を無事、終えることができました
長いようで、しかし真剣に聴いてもらっていると感じると、短い時間でもありました

さて研修の中身としては、
やはり“発達障害のある方々の困り感”や、
それに“お店で見かける発達障害のある方々の行動の特徴”、警察署や駅などに配られている“コミュニケーション支援ボード(絵を使ってコミュニケーションできるようにしてあるもの)”などの話になると、より注目していただいたように思い、

このあたりのことが気になっているんだ、共感してもらいやすいんだ、と感じさせてもらいました
実際に話をしていると、いろいろと勉強させてもらいますね

さて当日の、研修と研修の間の時間のことなんですが、
お店のなかを周っていると、あるお客さんが店内で迷われていて・・・
ですが近くにいた店員さんは、はっきりした言葉で、しかも具体的に、そのお客さんへ案内されていました(さすがはプロの方ですね)

偶然にも、今回の研修に出てくるような場面を垣間見ることができ、なんだかいい気持ちで、次の回の研修に臨んだのでした

それでは最後に、普及啓発隊からのお知らせです

私たちは、より多くの方々に、発達障害について知ってもらいたいと思っています
そのため今回の研修のように、発達障害や、発達障害のある方々の困り感などについて知りたいという方がいらっしゃれば、ぜひ当支援センター‘わっふる’まで、ご連絡いただければと思っております
どうぞ、よろしくお願いいたします

普及啓発隊 担当 高田・福島

普及啓発隊が行く ① 

普及啓発隊が行く ①


みなさん、発達障害のことについてご存知ですか?
おそらく、このブログを見てくださった方のなかには、発達障害というと、その言葉や特性について、ある程度ご存知の方もいるかと思います
なかには、私たちよりも詳しい方がたくさんいらっしゃるのではないかと・・・

しかし世間的には、発達障害は、まだまだ認知度の低い言葉です
それなのに、発達障害のある当事者の方々は、

・お店に行って、目的の商品を探せなかったり、
・役場に行って、どこになにを書くのか迷われたり、
・駅に行って、違う電車に乗ってしまったり、

などなど、ふだんの生活に困り感があり、地域でも活きにくいところを感じていることも多いです

そこで私たち普及啓発隊では、
より多くの方々に発達障害について知ってもらおうと、様々なところをまわり、研修をさせてもらっています

なお今年度は、昨年度から続いていた熊本県下の警察署研修が終わったため、これからは商業施設をはじめとして、市町村役場、地域振興局、文化施設、公共交通機関などをまわり、普及啓発に努める予定にしており、

5月には、商業施設ではショッピングモールで2箇所、テナント店長会議の時間をもらい、研修をさせてもらいました
写真は、そのときに使った研修用のパンフレットになります

それでは、これからも発達障害の理解促進のため、このブログにも活動報告を載せていきたいと思っています
どうぞ、よろしくお願いいたします

保育士・幼稚園教諭を対象とした基礎講座開催のお知らせ 

保育士・幼稚園教諭を対象とした基礎講座開催のお知らせです。
以下の資料に詳しいことを載せておりますので、興味あられる方は、どうぞご覧になってください。
よろしくお願いいたします。


※口蹄疫の影響により、会場が変更となりました。
新しい会場は、「宇城地域振興局3階 大会議室」になります。
住所は、宇城市松橋町久具400-1 総合庁舎内です。



こちらが宇城地域振興局の地図になります




基礎講座1


基礎講座2