普及啓発隊が行く③ 

DSCF0066.jpg

普及啓発隊です

先週の21(水)に、錦町まで研修に行ってきました!
対象は、錦町の民生委員の方々30名ほどです!

当日は、新しく民生委員さん用に準備した資料を使ったり、DVD『自閉症の子どもたちへ』を見ていただきました
資料はよかったのかな・・・いずれにしても、実際の当事者の映像は分かりやすいですね。あちこちから声が挙がっていました

そして、最後の質疑応答では、いくつもの質問を受け・・・
手帳のことや、診断のことや、薬のことや・・・鋭い質問が多くて、ふだんから勉強されているのかな、ふだんから研修されているのかな・・・といった印象を受けました
そうでなくても、地域の方々をみられてきた経験から、自然に出てきた質問なのかもしれません
民生委員の方々の経験は大、ですからね・・・

こちらとしても、考えることが多い研修となりました
また、最後は暖かい挨拶をもらったり、お見送りいただいたりと、いたれりつくせりでした
お世話になりました。ありがとうございました

実践講座のお知らせと申し込みについて 

発達障害の方への適切な対応をしていく上で注目されている
いくつかの療法について、実践的に学ぶ講座です。

今年度、基礎講座を受けられた方のステップアップとして企画しております!
各コース連続講座となっております。

☆詳しくはホームページに添付しておりますのでご覧下さい☆


申し込み書をダウンロードして申し込まれてくださいね。

TEACCHプログラムコース
*自閉症の方たちの感覚に対する過敏さや情報処理の困難さに対しての配慮として、
 一人ひとりに合わせて環境を整える「物理的構造化」の実践。
 時間や活動の流れなど見通しに対する支援としての「スケジュール」や「手順書」について、
 さらにはコミュニケーションの発信を促すツールなどを使い、実際に体験して学びます。


感覚統合コース
*感覚過敏や鈍磨はどうして起こるのか、身体の不器用さはどうして起こるのか?
 感覚情報処理についての視点から、ひも解いていきます。
 そして実際に、お子さんの協力を得て、個々の子どもに合った遊びの活動や遊具を体験し、
 実際にプログラムを立てて実践していきます。
 

動作法コース
*動作訓練を通じて、姿勢や緊張に対して、心身の緊張緩和を図る心理療法です。
 身体を通してコミュニケーションを図り、不安や緊張を解いていきます。
 実際に二人組みになって、講師のセッションを受けながら課題となる動作を実践し、学んでいきます。



沢山のお申し込みをお待ちしております!!!

小・中・高等・特別支援学校教諭を対象とした基礎講座開催のお知らせ 

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の先生方を対象とした基礎講座開催のお知らせになります。
詳しい資料は‘わっふる’のホームページ(ブログの右上から入れます)に付けておりますので、ぜひダウンロードしてご覧になってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回の基礎講座ですが、応募多数により定員に達しましたので締め切らせていただきます。
資料を見られて迷われていた方、申し訳ありません。
またの機会に、どうぞお願いいたします。

ワークショップ「教材づくり」についてのお知らせ 

ワークショップ「教材づくり」について、詳細をホームページに貼りました。
申し込み書をダウンロードして申し込まれてください。

なお、具体的な教材は自立課題といわれるもので、

clip_image002.jpg 自立課題です

自閉症スペクトラムの特性に配慮し、
子どもさんが一人でできた!という達成感を味わえるように
工夫しながら作成していきます。

各グループにスタッフがついてお手伝いします!!

材料や作るためのヒントになる見本もたくさんあるので安心してご参加くださいね!!

clip_image001.jpg